命の森プロジェクトとは

日本は超少子高齢化社会に突入し、介護保険や医療制度の変化をはじめ、不安要素の絶えない社会になってきています。厚生労働省は、団塊の世代が75歳以上となる2025年を目途に、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最期まで続けることができるように、医療・介護・予防・住まい・生活支援が一体的に提供される「地域包括ケアシステム」の構築を実現していく方針を示しています。
このような状況で、多くの人が安心して暮らせるように「誰もが生まれてからこの世を去るまで輝く地域づくり」を目指して地域コミュニティを創って行くことが必要なのではないかと考えました。
そこで、この“地域”を構築していく一端を担うため、NPO法人文化活動支援機構フォレストという まちづくり活動をしている地域住民のNPOと、大森医師会が中心となり、「命の森プロジェクト」を2017年に立ち上げました。趣旨に賛同する方々で協力し合って地域で顔が見える関係とネットワークを作っていこうとしています。
命の森プロジェクトでは「大切な家族を自宅で看取れる大田区」を目指して、地域住民と医療・介護等の専門職の方々が集い、在宅医療・介護等の勉強会&交流会を開催しています。色々な専門職の方々、地域住民の皆さま、介護家族の皆さま、どなたでも参加できます。少しでも関心があればぜひご参加ください。
なお、1年間の勉強会記録集「命の森プロジェクトガイドブック」を発行しています。過去の講演内容を購読することができます。在宅医療・介護のことを知るためにお役立ていただけましたら幸いです。

主催:NPO法人文化活動支援機構フォレスト

共催:大森医師会

後援:大田区/社会福祉法人 大田社会福祉協議会

勉強会&交流会に参加するメリット

  • 自分と家族、周りの方々が地域で安心して暮らしていくのに役立つ情報が得られる
  • 自分が住む地域の施策、状況がどのように生活に影響しているかがわかる
  • 白衣を脱いだ医師、専門職の方々と会話し、交流できる
  • 地域の色々な方々と顔が見える関係性が築ける
  • 普通の住民が主体者となって活動できる機会がある
  • やりたいと思っていたけれど、個人では実現が難しかったことが団体で他の方々と協力して具現化することも可能
  • フォレストのメンバーが15年以上の地域活動で培ってきた、地域の様々な団体、行政関係者とのつながりが活動に活かされることが多い

命の森サポーターとは

日本は、2025年には団塊の世代が75歳を迎え、75歳以上の後期高齢者が2200万人に達し、全人口の4人に1人が後期高齢者となる超高齢化社会が到来します。約800万人いるとされる団塊の世代が給付を受ける側に回るため、医療・介護・福祉サービスの需要が増加し、社会保障財政のバランスが崩れると懸念されています。このため、厚生労働省は、2025年を目途に、地域の包括的な支援・サービス提供体制「地域包括ケアシステム」の構築を推進していますが、担い手の中心となる地域包括支援センターや関係機関だけでは、地域住民の多様なニーズを把握しきれなくなると予想されています。地域包括ケアシステムが潤滑に構築されていくには、地域ぐるみのネットワークも必要となっているのです。地域住民の声を拾えるのは地域住民であることも多いからです。
 この“地域”に当たる活動の1つとして、命の森プロジェクトでは「命の森サポーター」という存在を考えています。命の森サポーターの主な役割は、地域の在宅医療・介護等の「情報案内役」です。命の森プロジェクトの勉強会&交流会に参加し、ある程度の在宅医療・介護のこと、世の中の動き、大田区の状況、大田区にはどのような機関があり、専門職の方々がいるのか等、知識や情報および人脈を培い、手助けや情報を必要としている地域住民を支援していただきます。
 初年度は、地域住民としてどんなことができるか、命の森サポーターの役割自体を模索しながら勉強会&交流会を重ねてきました。命の森サポーターの明確な活動マニュアルができあがっているものではなく、ようやく「情報案内役」という役割がはっきりしてきたところです。他にも、勉強会&交流会の際にお手伝いいただいたり、勉強会の内容をご提案いただいて一緒に開催したり、冊子等の発行物の制作にも携わっていただく等、柔軟に活動の場を設けていて、まさに、みんなで「森」を育んでいこうとしています。

命の森サポーターを随時募集しています

命の森プロジェクトでは、手助けや情報が必要な方と専門家などのつなぎ役となる「命の森サポーター」を募っています。登録をご希望される方は、勉強会&講演会の当日会場にいるスタッフに声をかけてください。登録申し込み用紙にご記入いただきます。

地域包括ケアシステムとは

地域の住民が疾病を抱えても住み慣れた自宅等の生活の場で療養し、最期まで自分らしい生活を続けられるためには、自宅からおおむね30分以内の日常生活圏域(具体的には中学校区)を単位として、必要な在宅医療・介護等のサービスが包括的にかつ継続的に提供される地域環境を整備しなければなりません。
そのためには、地域の医療・介護の機関が連携し、多職種が恊働する体制づくりが必要です。急変時には病院へ入院するけれど、状態が落ち着けばまた自宅や介護施設に戻って療養生活を送っていく、「ときどき入院、ほぼ在宅」という状況を地域の特性に応じて実現できるよう取り組みを進めています。
命の森サポーターが、こうした大きな流れを理解しながら多職種の方々とつながりを持ったり、命の森サポーター同士もつながりができていくことで、地域が地域としての機能を取り戻しつつ、潤滑な流れができていくと思います。

多職種と市民が連携して地域包括ケアシステムの構築を目指しています