【第14回:2019年6月8日】
飲み込む力、それが一番大事♪
誤嚥性肺炎の予防の為に大切なこと
(吉田理恵/株式会社ハッピーリス代表取締役) 

LINEで送る
Pocket

吉田理恵/株式会社ハッピーリス代表取締役

株式会社ハッピーリス代表取締役。1991年に「それが大事」を大ヒットさせた「大事MANブラザーズバンド」のメンバーで、キーボード担当者。グループ解散後は作曲家・音楽プロデューサーを経て、自らの絶対音感を活かした音響製品・介護ロボットの研究・開発者となる。

株式会社ハッピーリス  https://www.happyris.jp/

ごっくんチェッカー  https://gockun.com/

物作りの町 大田区で開発された「ごっくんチェッカー」は、飲み込む時の音を〝見える化”〝聞こえる化”する介護ロボットです。飲み飲む力が弱まると、誤嚥性肺炎を引き起こすリスクがありますが、これを使用すれば、介護者が正常な状態を確認することができます。 開発者の吉田 理恵さんは、1991年に「それが大事」を大ヒットさせた「大事MANブラザーズバンド」のキーボード担当でしたが、グループ解散後は「介護、育児ロボットの研究・開発者」へミラクルチェンジなさいました。 今回は、その開発に至る経緯や、ごっくんチェッカーが秘める可能性、飲み込む力を日頃から調べる事の重要性をお話しいただきます。また、ご参加頂いた皆様には、ごっくんチェッカーを、実際に使用していただきます。

<ごっくんチェッカー監修および受賞歴>

ごっくんチェッカーは、厚生労働省 福祉用具・介護ロボット実用化支援事業 採択商品です。2014年に一般社団法人日本摂食嚥下リハビリテーション学会の理事を務めている藤島一郎先生(浜松氏リハビリテーション病院院長)と、戸原 玄先生(東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 医歯学系専攻 老化制御学講座 高齢者歯科学 准教授)に監修していただいています。

2015年度

  • 「第27回大田区中小企業新製品・新技術コンクール」おおた福祉・医療賞 受賞

2014年度

 色々な分野の専門家の方々、地域住民のみなさま、どなたでも参加できます。どうぞふるってご参加ください。

開催日程|参加費|定員|会場

開催日程

2019年6月8日(土)14:00〜16:00(13:30開場)

タイムスケジュール

14:00~15:00 吉田理恵さんの講演
15:00〜15:40 参加者交流会
15:40~16:00 個別相談(希望者)
参加費 500円

定員

50名(先着順)

会場

大森医師会館 3階オーキッドホール

大森医師会館3階 オーキッドホール
大田区中央4-31-14


吉田さんのご講演、ごっくんチェッカーの体験会、吉田さんと鈴木央先生の「それが一番大事」演奏があり、好評を博して終了いたしました。ご参加ありがとうございました。